タイムラプスについて

安定した環境での培養と、精度の高い胚評価・良好胚選別を目指して
全ての患者様を対象としたタイムラプスモニタリング培養

タイムラプスインキュベーターとは?

タイムラプスインキュベーター

内部にカメラ(顕微鏡)を搭載しているインキュベーター(培養器)です。

胚を培養しながら、10~15分のペースで胚の様子をスナップし、その画像をパラパラ漫画のようにつなげることで、「連続した」胚の発育動態を観察することができます。

一般的な培養

1日1回の定点観察:培養器から取り出さないと観察できません。

培養1日目

2日目

3日目

4日目

5日目

 

タイムラプス培養

10~15分おきの連続観察:培養器に入れたまま観察できます。

 

タイムラプスインキュベーターはとても高額な培養器で、1台で培養できる数が限られています。
そのため、タイムラプスを導入している施設はたくさんありますが、全ての患者様にこの技術を提供できている施設は少なく、反複不成功例や高齢の方、希望する患者様に追加オプションとして提供している施設が大半です。

当院は小規模クリニックながら、1台で15名分の培養ができる大容量の最新型タイムラプス「Embryo scope+(エンブリオスコーププラス)」を導入しています。
患者様を限定せずに、全ての方にタイムラプスで培養することが可能になっています。
そして、そこから得られる胚の発育過程の情報と形態評価とを組み合わせて、より妊娠に結びつく可能性の高い胚を選別し、移植を行います。

タイムラプス培養のメリット

安定した環境下で胚のモニタリング
培養最終日まで胚を庫外に出さずに一定の環境で培養することができるため、胚へのストレスを最小限に抑えることができます。
より正確な受精状況の確認
1日1回の定点観察では、その観察したタイミングの一瞬の状況しか観ることができません。
しかし、タイムラスプ技術を用いると、定点観察では見逃されていた受精の様子も細かく観察することが可能です。
不良な胚・異常な発育の検出
胚の発育には、それぞれ個性があります。
一般的に、発育のスピードが適切な胚、細胞の分割がきれいな胚は良好胚とされています。
タイムラプスでは、以下の不良な胚・異常な発育も見逃されません。
・フラグメンテーション(細胞質のかけら)の量

フラグメンテーションは少ないほうが良好胚とされています。

・多核胚

通常は1つの細胞に1つの核が観られますが、2つ以上の核が存在する場合のことといいます。
染色体や細胞質の不分離が原因で起こります。
多核胚の取り扱いは、施設ごとに異なっています。
当院ではむやみに移植はせず、移植への優先度は低く設定しています。

・ダイレクト分割

1つの細胞が2つの細胞に分割されるのが正常ですが、まれに1つの細胞が3つに分割されてしまうことがあります。

・リバース分割

1度2つに分割した細胞が、1つに融合してしまう分割のことをいいます。

これらの現象が見られた胚は、胚盤胞へ発育する可能性が低いとされています。