卵管鏡下卵管形成術
(FT: falloposcopic tuboplasty)

卵管鏡下卵管形成術(以下FT)は、不妊原因の中でも大きな割合を占める卵管性不妊に対して行われる治療です。卵管の詰まっている部位(閉塞)や狭くなっている部位(狭窄)をメスなどを使わずにバルーンで押し拡げて通過性を回復させる身体に優しい治療法です。安全性が高く保険適応でもあるため、体外受精に進む前にタイミング法や人工授精での妊娠を希望される方にその可能性を広げることができます。しかしその手技は煩雑で、施術を受けられる施設は現在のところ限られています。 

FTの手順

カテーテルと呼ばれる細い管を子宮内に挿入し、水圧を調整したバルーンで卵管の詰まりを解除し、通過性を回復させます。その後極細の卵管鏡で卵管内の状態の観察も行うことができるため、検査という側面もあります。施術は通常痛みを伴うため静脈麻酔下に行います。

FTの手順

FTの手順

バルーンを卵管内に進めていきます。

FTの手順

閉塞部をバルーンで押し拡げます。

FTの手順

バルーンを引き戻す際に水を灌流しながら卵管鏡で内腔を観察します。

適応

子宮卵管造影で卵管に閉塞や狭窄が認められる、いわゆる卵管性不妊の方が対象になります。ただし病変部位が子宮に比較的近いところ(近位)でないと治療効果が下がりますので、詳細はご相談ください。卵管性不妊に対しては体外受精がもっとも有効な治療法と考えられていますが、FTは年齢に比較的余裕があり、自然妊娠や人工授精での妊娠を希望する方には試みる価値のある方法と言えるでしょう。

成績

一般的に手術による卵管開通率は約90%で、術後の妊娠率は約30%と報告されています。妊娠例のほとんどは術後半年までにご妊娠されています。また、施術時一度開通しても、術後に再び閉塞することもあります(約10~20%)。

メリット

日帰り手術として行われる安全性が高く体への負担が小さい治療法であること、医療保険が適応され治療にかかる費用の自己負担額が体外受精より小さいということが挙げられます。

また卵管内の観察も行えるため、施術で通過性を回復させるだけでなく、その後の治療方針の目安にもなります。

※片側の病変という診断であっても対側の卵管に病変があることが少なくないため、基本的に両側の卵管の治療が勧められます。